ユニーク・ブラボー・シネマ

ユニークさに欠ける凡人が、映画に溢れるユニークを味わいつくし喝采したい映画ブログ

『パットン大戦車軍団』感想 生まれる時代を間違えた男の第二次世界大戦

第二次世界大戦で活躍したアメリカ軍のジョージ・S・パットン将軍を描いた『パットン大戦車軍団』を鑑賞しました。 アカデミー賞で7部門(作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、美術賞、音響賞、編集賞)を受賞した作品。 監督は『猿の惑星』などのフランク…

『きっと、うまくいく』感想 尻上がりに輝き始める映画

2013年公開のコメディドラマ『きっと、うまくいく』を鑑賞。 公開当時、周囲から良かったよとオススメされていたのにも関わらず、 インド映画に対する食わず嫌いでここまで先延ばしになっておりました。視聴前に2時間50分という長さであることを知り、また一…

『ポセイドン・アドベンチャー』感想 生き延びるためのシミュレーションをしてみた

1972年のパニック映画『ポセイドン・アドベンチャー』を鑑賞。 豪華客船ポセイドン号の転覆と、限られた者たちの脱出劇を描いた、パニック映画の元祖ともいわれる本作。テレビ放映されたのを一度観たことはあったけど、途中からだったのと昔すぎてほとんど覚…

『リンカーン弁護士』感想 弁護士vs依頼人

マシュー・マコノヒー主演の法廷サスペンス『リンカーン弁護士』。 最近プライムビデオで『TRUE DETECTIVE』の死ぬほどかっこいいマシュー・マコノヒーを見て、めっきりマコノヒーめいているので、未見だった本作を鑑賞しました。では、感想です。

『リヴァプール、最後の恋』感想 ジェイミー・ベルのダンスも見れるよ

『リヴァプール、最後の恋』。 往年のハリウッド女優グロリア・グレアムをアネット・ベニングが演じ、彼女と恋に落ちる若手俳優ピーター・ターナーをジェイミー・ベルが演じた歳の差ラブロマンス。ピーター・ターナー自らによる回顧録を映画化したものらしい…

『マトリックス』感想 今更1作目を初めて鑑賞

今更初めて観ましたシリーズ、前回の『ターミネーター』に続き、今回は1999年のSF映画『マトリックス』です。 『ターミネーター』とは違い、『マトリックス』は思春期と言える頃に話題になっていた作品なので、リアルタイムで観る機会はあったのですが、ワイ…

『チャイルド44 森に消えた子供たち』感想 トム・ハーディのロシア語なまり英語

少年たちを襲う連続殺人事件と、スターリン支配下のソ連の恐ろしさを描いた映画『チャイルド44 森に消えた子供たち』 を鑑賞しました。 原作は、2009年の『このミステリーがすごい!』で1位に選ばれたトム・ロブ・スミスの『チャイルド44』 というミステリ…

『追想』感想 シアーシャ・ローナン主演、若き新婚夫婦の切ない顛末

ふらっとシアーシャ・ローナンに惹かれて視聴した映画『追想』(2018)。 ほとんど前情報なしで観たのですが、『つぐない』の原作者イアン・マキューアンの『初夜』という小説の映画化で、マキューアン自身が脚本も手掛けているようです。『つぐない』の演技…

『パティ・ケイク$』感想 最高の女版『8Mile』

『パティ・ケイク$』。まったくノーマークの作品でしたが、女性のラッパーものは今まで観たことがなかったため、興味本位で鑑賞しました。しかし!これが想像以上に良い映画で興奮いたしました。では、感想です。

『天才作家の妻 40年目の真実』感想 脇のクリスチャン・スレイターが良い

『天才作家の妻 40年目の真実』を鑑賞しました。 主演のグレン・クローズがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた映画です。では感想です。